2015年10月1日木曜日

猪名川町議会議員選挙 勝利!!!!!

9月27日投開票で行われた猪名川町議会議員選挙で
日本共産党が擁立した二名が無事に当選しました。


池上 哲男氏(現職、6期目当選)

下坊 辰雄氏(現職、8期目当選)

私は、下坊氏の選対責任者という初任務についていました。
結果が良かったのでホッとしましたが、しんどい日々でした...

戦争法が国会で強行採決された中で行われた選挙、
安倍政権への怒りの声が日本共産党に託されました。
また、選挙前に行った住民アンケートでは、病院の問題や介護
の問題、ごみ収集の問題、少子高齢化の対策など、切実な要求
がたくさん寄せられ、5つの提案として政策をまとめました。


「町民の声を町政に」をスローガンとして、
7期の信頼より8期目当選を果たした下坊氏。


猪名川町は、南北に長い町です。
下坊氏の選挙事務所も、出身地である北部柏原でスタート
し、現自宅の南部上野に中2日間異動しました。

その距離17Km。
私の家(川西市久代)から、下坊氏宅までがおよそ12Km
で、それより5Kmも遠い...

北部は、農家など集落と数十軒の集合団地があり高齢化が進んでいる。
南部は、パークタウン(若葉・白金)など、大きな集合団地があり、人口の
およそ7割を占めていますが、こちらも高齢化が進行しています。

出生率は、兵庫県平均を大きく下回り、高校生アンケートでは「将来この
町で住みたくない」という声が3割にもなってきました。

若者や子育て世代がしっかり生活できる町、いつまでも住み続けたいと
思う町にしたいと、両候補を先頭に日本共産党は訴えました。

当選したお二人には、新しい議会でも掲げた公約を実現させるために
全力を尽くしてもらいましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿