2015年2月14日土曜日

多田後援会での市政報告会

先週に続いて、今日は多田後援会市政報告会があり、
冒頭お時間をいただいて挨拶をさせて頂きました。
多田近傍のみなさん、あらためましてよろしくお願いします。(^^ゞ


プレゼンを駆使して報告をする北野市議。

ご当地で活動されている北野市議がパワポでプレゼン。
すばらしい。
視覚的に見れて、説明も判りやすくて良かったです。(^_^)v
(ちょっと仕事時代を思い出しました。)

市の提示してきた来年度予算案では、とうとう総額1千億円
超える会計案になったとのこと。
史上最大になるらしいですが、けっして、税収が伸びてる
わけでは無いので、借金が増加するとのこと。(痛!)

<事業としての問題点>

①公共施設等再配置計画Ver.Ⅱ(Ver.Ⅰもあるので追加って意味)
幼保一体施設を新設し、その正面に消防署も作るって話と、
塩漬けとなっている松山浄水所跡地活用プランなど。

突然の幼保一体施設建設計画、しかもその前に消防署も新設。
すでに大きな借金を抱える川西市で、公共事業をバンバン計画
するという景気良さに違和感を感じます。
しかも子育て施設の前に消防署って、騒音、緊急車両が出入り
への安全確保など問題山積です。
計画立案した人(人たち)の顔が見てみたい。(怒)
※役人が人材・能力不足なのかな?
 それより行政で公共施設の建設ガイドラインなど無いんかな?
 などなど素朴に疑問を感じます。

出在家にある松山浄水場跡地も市が再取得して、
防災設備&防災公園を作る計画。
整備コストは、6.5億+別途1億(これも増えていきそうな話)
防災設備は大事、今年は震災20年の年ですし...
そして、この地域の公園については、過去に我々も公園化を
求めてきたことも有った様な気がします。
(元議員さんなどに聞かないとはっきりしませんが。)
予算がすごいことになってて、悩ましい話です。
これは、党内でもしっかり議論しなければなりませんね。

②市立幼稚園と保育所の再編・一体化事業計画
上記にもありますが、現存の幼稚園・保育所を廃園にして、
一体化した施設を4つ建設する計画です。

親の感覚としては、幼稚園・保育所、小学校は近所に欲しい。
吉岡家も、川西市へ移転の際はそこを基準にして今の場所に
移ってきました。
自慢じゃないですが、保育所・幼稚園へは徒歩1分。小学校へ
は徒歩5分。中学校・次女の高校は徒歩10分ちょっと。
おかげで、駅はちょっと遠いです。(^^ゞ

さて、一体化した子育て施設、中学校区に一つにするという
ことですから構想自体に問題有りです。
こういうことを計画する人は、どんな神経をしているのだろう。
そして、議会の委員会で説明があったらしいですが、他会派は
その場で質問無しのスルー状態(共産党以外はオール与党)。

折しも今日は末娘の発表会で、午前は久代幼稚園に行って
ビデオ係をしてました。長女の時は20人オーバーの3クラス
だった幼稚園も15人ほどの2クラスになってました。

子どもたちも減ってますが、親が共働きで公立幼稚園に通わ
せれない等の問題もあります。
保育所はというと、現時点で待機児童が200人を超えていると
のことでした。

今回の計画は、このミスマッチの解消を図ろうとの計画ですが、
大型施設を作って既存園を無くすというのはおかしな話です。
「小学校区に保育所を増設する」、これこそ今すべきことです。


③国民健康保険税の税率改定(引き上がります。)
今、川西市では国保加入者が人口4割を超えたとのことです。
高齢化と非正規雇用が増えており、加入者が増加しており
予算が不足(赤字)になる。
基金を切り崩して、引き上げを止めていましたが、もう基金は
使わず、一般会計からも引き下げには使わないというのが、
現市長の方針らしい。

そして、国は2018年に県単位への広域化を計画しており、
それに乗っかろうとしています。
「県単位になると、負担が上がることになる、今の内に少し
上げておいて均しておいた方がいい」との話。
開いた口が塞がりません。
「ハンドマイク貸したるから、駅前など市民を前で同じこと
言ってみ」と言いたい。(怒)

どの問題も、選挙が終わると市民には厳冬が襲ってきます。
共産党議員団には、議会で大いに奮闘していただいて、
何とか市民サービスを守って欲しいです。

いずれにしても、3月議会は大きく荒れそうです。
(正直、自身の県議選が無ければ、傍聴に行きたい。)

P.S.
うっかり、メモを取らずに聞き入ってしまいましたので、閲覧
された方、間違い・誤解あればご指摘頂けると助かります。

北野議員、お疲れ様でした。
そして、せっかくのプレゼン、議員の居ない中部地域や
清和台・けやき地域でも、ぜひ開催して欲しいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿