2020年7月10日金曜日

7月臨時議会終了 病院事業会計補正予算 賛成討論


7月10日(金)、5日間日程の7月臨時議会の最終日でした。

上程された3議案について、付託された常任委員会からの報告、質疑、討論、表決が行われました。
議案第49号(一般会計補正予算)、50号(介護保険事業特別会計補正予算)は全会一致で可決され、51号(病院会計事業補正予算)は賛否が分かれましたが可決されました。

日本共産党議員団は、3議案とも賛成し、私は所属する建設公企常任委員会に付託された議案51号について賛成討論を行いました。

内容は、現川西病院敷地に今井病院(晴風園)の移転計画を検討していく上で、北部の医療空白期間を減少させるため、建築予定地にある付属建物(看護師宿舎、医師住宅等)の除去設計を行うための予算です。
これまで、中部に病院を移設し北部は診療所にするとしてきた計画から大幅な変更となり、入院、CT検査などが出来るようになります。一方、救急、産科、小児科や外来機能についてはこれから調整となり計画事態は注視必要で、住民要望も声高にしなければなりませんが、大きな前進であることを評価するとともに医療空白期間を無くすため賛成の立場をとりました。
反対意見では、これから計画するめる事業に対して既成事実のように設計を進めるのは問題とのことでした。
市長は、関係団体との協議と地域への説明責任を果たし声を聞き12月に計画を決定するとし、解体施工の予算は来年3月議会で上げ4月以降の工事とのことでした。
この市長からの回答を踏まえて、共産党議員団は賛成としました。

<以下、賛成討論の原稿を掲載します。>

日本共産党議員団の吉岡健次です。
議案第51号「令和2年度川西市病院事業会計補正予算(第1回)」について、日本共産党議員団を代表して賛成の立場から討論します。

 冒頭、この間全国で豪雨による洪水災害が起きており、亡くなられた方へのお悔やみと、被災された方々へのお見舞いを申し上げます。
 雨が降り続けるなか救助・救援等の活動に尽力いただいてる方々へ敬意を表します。
新型コロナウイルス感染症についても、今なお全国で感染者が増加し、感染予防の緊張が続く中、市職員にも引き続きご苦労をお掛けします。

 本議案は、去る6月18日に行われた市立病院整備調査特別委員会で説明された「現市立川西病院の跡地活用について」において、医療法人晴風園から当該地への移転・整備計画の提案を受けて検討が開始された中で、北部医療の空白期間を無くすための措置として、病院付属建物の除去の設計のみを先行で進めるための補正予算であります。
 市長は、これから市民へ丁寧に説明をし、計画の可否を判断していくとの姿勢を明らかにしており、そのことの確実な実施を重ねて求めます。

 日本共産党議員団は、北部に一つしかない2次救急医療を担う「現川西病院を残して欲しい」「市内の病床を163床も減らさないで欲しい」と強く願う市民の声を聞き、これまで川西病院の指定管理者制度の導入や、現病院を浸水指定地域であるキセラに移転し敷地内に患者が利用できる駐車場も設置しない総合医療センター計画について一貫して反対の立場をとっており今も計画の見直しを求めるものです。
 特に、新型コロナウイルス感染症により、全国・兵庫県でも病床数が不足する事態が生じたこと、また豪雨・地震など自然災害が同時に起きることを想定すると病床数を減らすことはもとより、医療機関を1ヵ所に集中することも問題と言わざるを得ません。いま「新しい生活様式」の模索が始まったなか、これまでの計画であっても一旦立ち止まって抜本的に見直しを行うべきです。

 そうした中、今回の医療法人晴風園からの提案は、これから協和会、晴風園、市医師会などと「地域医療連携推進法人」を立ち上げ協議し、市民へも説明していく過程ではあるものの、「入院できる病院」「CT検査のできる病院」と、これまでの計画の枠を超えた内容での見直しは評価するとともに、より住民要望に応え現川西病院の医療機能に近づけることを目指すべきと考えます。
引き続き、関係団体任せにせず、市が積極的にかかわり、コロナ禍ではありますが、広範な市民に説明、声を聞く場を設けること、市民の利益を守る立場に市がたって責任を果たすことを強く求めるものです。

市民の強い願いでもあり、まちづくりの根幹ともなる北部の医療において、救急、産科、小児科等政策医療の継続を求める声、掛かりつけ医としてこれまで親しんできた外来診療を残して欲しいという声などとともに、市がこれまで計画してきた北部診療所の外来機能(内科、小児科、整形外科、外科)の確保、開業医として眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科の誘致、や中核病院となる総合医療センターへのシャトルバス運行などを求める声もあり、課題は山積です。そうした中、医療の空白期間を可能な限り減らすための措置としての今回の予算案には賛成するものです。

 なお、委員会審議でも確認しましたが、除去する建物については現在も市立川西病院・協和会で従事する職員が利用しており、今回の計画を進める際に職員にとって個人負担が増えるなど生活に支障を及ぼし、不利益が生じることがよう市が責任もって監督することも強く求めます。

以上をもって、議案第51号の賛成討論と致します。

もちろん私たち議員団も住民の声、要望をしっかり聞き、市へ求めていく所存です!
世論の力で政治が変わる。
みんなの声で政治を動かしましょう!

2020年7月8日水曜日

7月臨時議会 常任委員会で議案審議

昨晩から今朝にかけて、ものすごい雨でしたが皆さん大丈夫でしょうか。
九州などの被災状況をみると胸が痛みます。
亡くなられた方へお悔やみと、被災された方へお見舞い申し上げます。
まだ全容も分かりませんが、救助を待たれている方も居られますし早期の救援が必要です。また、まだまだ雨が続きそうで、引き続きの警戒も注意していきましょう。

さて、今日の川西市議会では、3つの常任委員会が行われ付託議案が審議されました。


議案49号、50号は新型コロナ対策として早期に必要な内容としての補正予算です。
議案51号は、川西病院の付属建物の解体設計等に関する予算です。

最初は北野のり子議員が所属する総務生活常任委員会
議案49号一般会計補正予算の歳入と歳出(総務費、商工費、消防費)を審議。

●コロナ感染症対策について市民提案を募り補助金を出すこと。
●公営霊園への送迎バスの3密回避、増便すること。(盆、春秋の彼岸、年末など)
●地域経済活性化に向け専門部会を立ち上げること。
●避難所における感染対策(追加)。発電機、投光器、次亜塩素酸水生成器など。

続いて黒田みち議員が所属する厚生文教常任委員会
一般会計補正予算の民生費と教育費、議案50号介護保険事業の補正予算が審議。

●避難行動要支援者への新しくできる防災マップを郵送すること。(対象8000人)
●保育料減免の効率化を図る電算システムの導入
●生活保護面接相談の体制強化
●SNS(ライン)による生活困窮者の相談、継続実施
●小・中・特別支援学校への学習支援アプリ導入
●修学旅行における感染予防対策(バス、宿泊施設における3密回避対応)

介護保険事業補正予算は、コロナ禍で失業した方が介護職につき3か月継続して就業されると10万円給付(50人分)するという内容でコロナ対策と併せて人員不足の介護職を支援しようとするものです。

それぞれ現状実態の確認と、導入目的・具体内容、実施・導入期間などが審議されました。
ここで午前終了し、昼食後に私の所属する建設公企常任委員会
一般会計補正予算の土木費と議案51号病院事業の補正予算を審議しました。

●空き家を活用した職住近接のまちづくり支援
コロナ禍による外出自粛の際、テレワーク、リモートワークが行われましたが家族の居る家庭で落ち着いて仕事が出来ないなどの声に空き家を活用しようとするもので家屋の改修やWi-Fi設置、家賃補助などが利用できるとのこと。
仕事だけでなく、子どもたちの学習や地域の居場所としても活用していきたいとのことで、モデル事業でとりあえず1軒を想定した手探り的な要素が強いものですが、うまく進めば...と願うばかりです。

最後に病院事業補正予算、6月18日に行われた市立病院整備調査特別委員会で報告された、現川西病院敷地に今井病院が移転が検討されるため、建設予定地となる付属建物を来年度より解体することができるようにと事前に解体設計をするものです。
18日の委員会でスケジュール案が提示され、総合医療センターが出来てから解体・建設を開始すると北部医療に空白期間が長くなるため、事前に解体作業を進めれるようしようとするものです。
この今井病院移転の問題は、まだまだこれからの調整・検討・議論を踏まえて進むべきものでその目安は年内とされてます。地域医療連携推進法人の立ち上げや、住民説明、予定していた北部診療所の機能や住民要望の医療(救急、周産期、小児)、北部と総合医療センターをつなぐシャトルバスもどうなるのか...課題は山積です。
一方、入院やCT検査が出来るなど一部は見通しが立つなど評価もできます。
コロナ禍ではありますが、住民にとってとても大事でデリケートな問題。
タウンミーティング、説明会を行うなど、住民の声、要望をしっかり聞いて計画を作っていくことを求め議案には賛成しました。
最終日の本会議でも、改めて賛成討論を行う予定です。

日本共産党議員団は、今回の3議案はすべて賛成。
さあ、討論原稿をしっかり仕上げていきます。

2020年7月3日金曜日

第3回川西市議会(臨時会)

久しぶりの投稿です。
フェイスブックばかりになっており、ブログに手が回らず...恐縮です。
日々の活動はフェイスブックでアップしてますので、そちらもフォロー頂けると嬉しいです。

新型コロナ禍により、今年度は3月定例議会では一般質問を中止するなど、議会活動にもいろいろと影響が出ております。6月議会が先週終わりましたが、来週7月6日から今度は臨時議会が開催されます。

第1回 3月定例議会 施政方針、予算審議、総括質問など、一般質問中止
第2回 5月臨時議会 第1回補正予算(国)の具体化等、審議
第3回 6月定例議会 議案、コロナ対策等補正予算、一般質問(会派代表)
第4回 7月臨時議会 第2回補正予算(国)の具体化等、審議

3月議会の総括質問は黒田市議、6月議会の一般質問は私、吉岡が行いました。
第1回~3回の議会についての詳細などは、機会あればアップしていきたいです。

さて、7月臨時議会の議案は下記3本。

議案49号 令和2年度川西市一般会計補正予算(第5回)
議案50号 令和2年度川西市介護保険事業特別会計補正予算(第3回)
議案51号 令和2年度川西市病院事業会計補正予算(第1回)

新型コロナウイルス感染症対策として、下記項目の予算が組まれ審議します。
●公営霊園送迎における感染予防大祭への支援
●避難所における感染予防に係る経費
●市立小・中・特別支援学校を対象とした学習支援アプリ導入
●修学旅行の安全な実施に係る経費
●SNSによる生活困窮者相談の継続実施
●災害時の避難行動要支援者への情報提供に係る経費
●生活保護面接相談の体制強化に係る経費
●地域経済の活性化についての検討に係る経費
●市民提案による感染症対策への支援に係る経費
○空き家を活用した職住近接のまちづくり支援に係る経費
●保育料減免を効率的に行うためのシステム導入
補正予算額1億1,420万6,000円
※私の所属する建設公営企業常任委員会に付託されるのは〇印(空き家活用)のみです。

議案50号の介護保険では、市内の介護事業所に新たに就労した失業者(コロナ影響による者)に対する給付金支給です。

議案51号の川西病院では、病院付属建物の除去に伴う固定資産除去費、解体設計費などが計上されています。現病院の敷地に今井病院(入院,CT検査可能)を建設する話が出て検討が開始される中での先行の動きに思えます。この議案も建設公企常任委員会に付託されます。
日程等は、市議会ホームページに掲載されてます。

来週からの臨時議会、しっかり議案を読んで臨んでいきます!

2018年10月14日日曜日

吉岡けんじ 出発式

2018年 川西市議会議員選挙告示
川西市議会選挙、いよいよ本日14日(日)告示です。
定数26に35~36人が立候補を予定する多数激戦選挙。
直前ですが、吉岡けんじの出発式をお知らせします。

と き:10月14日(日)朝9時~
ところ

:吉岡けんじ事務所
【川西市下加茂1丁目24-23】
※宮本たけし衆議院議員も応援に来られます。

市民の願い実現へとことん頑張る!
・自校調理方式の中学校給食を早期実現!
・高齢者へのおでかけ促進事業の復活!
・大型ごみ収集を元の無料化に戻す!
大型開発優先から社会保障の充実する川西へ
くらしと命を守る市政実現に全力で頑張ります!
家族・友人・知人などお誘い合わせのうえ、ぜひお集まりくださいませ。

2018年9月24日月曜日

川西市南公民館で演説会

日本共産党演説会のお知らせです!

と き:9月24日(月・秋分の日)10時半~

ところ:川西市立南公民館
    久代3丁目16-29(川西南中学校のすぐ南)

弁 士:宮本たけし 衆議院議員
    吉岡けんじ 川西市まちづくり対策委員長
    ねりき恵子 県議会議員
    住田由之輔 市議会議員

川西市政の問題と日本共産党の政策、私自身の自己紹介と決意を訴えます。
そして、地元の久代ではおそらく初めてとなる国会議員を招いての演説会。
森友問題を国会で最初に取り上げ、安倍政権を厳しく追及してきた宮本たけし衆議院議員。
実は、大阪の民青同盟で活動していたときの府委員長であられます。
当時の印象あることば「オールオアナッシング!
「君にとっては、あれこれの一つでも相手にとっては1か0、あるかないかや!
と叱咤?されて、宣伝や友人・知人の誘い掛けに送り出されました。
当時から熱血で、今も国会中継を見てると熱いです。
そして面白い。(^^ゞ

ぜひ、みなさんお越しください。

2018年9月20日木曜日

9月19日を忘れない宣伝

昨日、9月19日は3年前に戦争法=安保法制が強行採決された日。
あれから3年、憲法違反の法案を強行した安倍政権は、
森友問題、加計問題、自衛隊日報、残業ゼロ法...
国民の声を無視し続け、公文書の改ざん、隠ぺい、ねつ造、虚偽答弁と
最低限のルールすら守らず、とんでも政治を続け居座っています。

「ウソをつくな!」ということを訴えなければならない、
政治以前のとても恥ずかしい事態に陥ってます。

それでも、私たちは忘れず、諦めず頑張ります!
沖縄知事選挙、玉城デニー候補の必勝を。
沖縄に米軍新基地はぜったいに造らせません。
安倍9条改憲NO!3000万人署名もしっかり集め、
改憲を阻止します。

来年夏の参議院選挙で本気の野党共闘を実現し、自公維を
少数に追い込んでねじれ国会をつくり、総選挙で安倍政権
を打倒し、新しい政治を目指します。

7月に沖縄の不屈館で手に入れた「不屈」Tシャツを
着た私もついつい訴えに力が入りました。(^^ゞ

来月の川西市議選と市長選。
まずは、ここで議席確保、日本共産党の躍進を
勝ち取るべく全力で頑張ります!

ご支援、よろしくお願いします!

2018年5月24日木曜日

中学校給食の早期実現に向けて!

昨日(5/23)、川西の中学校給食を実現する会で川西市教育委員会と市役所で懇談を行いました。

昨年、「中学校給食のセンター実施調査」という名目で、550万円もの税金を使って、コンサルタント会社に調査依頼をしました。
「その結果を教えて欲しい」と懇談を申し入れていたところ、なんと「お話できる内容はない」といい、懇談を断ってきました。

怒りに燃えた会としては、緊急で5月1日に市役所で集まり、調査結果公表を求める要望書を持って教育委員会に行きカウンター越しに説明を求めたところ、「別途、懇談します」と言い出し、昨日行われました。
(最初っから、懇談に応じれば良かったのに...まったく!)

川西市は、今年度予算でも「センター方式による中学校給食の実施に向けて、PFI導入の可能性を調査する」と新たに500万円もの予算を計上しました。

「これって異常じゃないですか?」
そもそも、市は中学校給食推進基本方針を策定しています。税金を使って有識者、学校関係者、保護者などを集めて検討委員会を立ち上げ6回の検討会議を行い、その間には小学校と中学校に在籍する子どもと保護者からアンケート(H25年)も実施し、パブリックコメントも行った上で決めた方針で、そこには「自校方式を基本」と明記されています。

だれもセンター方式なんか望んでいません。
自校方式を要望する署名も6400筆を超えて提出しています。
にもかかわらず、自校方式として決まっていた設計予算(240万円)を執行せず、勝手にセンター方式の調査(550万円+500万円)に費やすなんて許されません。
さらに、PFI(民間運営)を導入し、それらを市民に説明もなく進めるなんて言語道断です。

と言った思い出始まった懇談会では、参加者みんなが目いっぱい意見を述べました。(笑)
いっぱい質問・意見が出ましたが、全体としての質問・要望は以下の通りです。

Q1)なぜ、センター方式か?
市は、「早期でいっせいに実施」を理由とし、その根拠は「市民から声があった」との話です。
「私たちの署名以上の声か」と問い質すと沈黙です。
そらそうでしょう、2年続けたPTAやP連でも、早期実施は誰もが求めてますが、「一斉に」とか「センター方式で」なんて声はほとんど聞きませんでした。

この質問は、昨年からの宿題事項でしたが今回もちゃんと回答されず...でした。
教育委員会は、「事務局から提案されて教育委員会で6回協議・検討して決めた」と言いますが、事務局は誰の指示で委員会に提案したのかを答えません。

Q2)調査結果の公表について(要望)
「公表しないわけではなく、追加調査と併せて公表したい」との回答...
「昨年の調査でセンター建設に2つの大きな課題があった。
一つ目は、土地の広さが十分ではなく1フロアでできない。
二つ目は、15年の運用費を含めて75億円掛かる。
この費用を圧縮するため、PFI方式で検討する」って話でした。

そもそも、水利組合が管理している久代の下池、昨年は調査することも拒んでました。
それを無理やり調査しておいて、土地が狭いって...
調査する前に分かる話やんか。(怒り)
しかも75億円掛かるって...ちょっと待って。
改めて、検討委員会の資料を確認すると、自校方式ではの概算は
・中学校7校の建設費で約20億円。
・運営経費が年間2.1億円、15年で31億5千万円。
合わせると、51億5千万円で、2/3でできるやんか!
しかも、土地の補償費も75億円には含まれておらず、まだまだ膨らむセンター計画。
あとに引けない状態から保障費の交渉なんて始めたら、金額が法外に吊り上がるのは間違いありません。キセラと似た過ちを繰り返しすのでは?と危惧します。

他市・町では、学校に建設面積がなく、やむを得ずセンター方式を選択することもあるが、川西市では幸いにも建設する土地が学校にはあるんです。
センター方式はきっぱり止めて、調査費とした500万円をまずは2校分の基本設計に切り替えることを要望しました。

懇談会では、最後に要望として
「PFI導入可能性調査はただちに中止し、市民参加を保障したうえで中学校給食検討会議を再開すること」を強く求めました。

議会にも改めて請願を提出する方向です。
検討委員会で議論してきた「学校給食の目標」を市長・関係する職員・そして全議員には、読み直して欲しい。
そして、その観点で策定された「中学校給食推進基本方針」に沿って実現して欲しいと切に願うものです。